RSS | ATOM | SEARCH
仕事用本棚製作  設置
だいぶ時間がかかりましたが少しずつ作業を進めていました。



塗装です。
今回は箱組してからの東証でしたがかなり作業しにくいですね^^;



箱組してからの塗装なので拭きむらが出てしまったり重ね塗りになったりで汚く
なってしまいました^^;



全体をワックス仕上げにしました。



棚ダボ用のスリーブを取り付けました。
なかなかいい感じです。
しかし、ランバーは少しゆるくなってしまいますね^^;
ゆるいところは接着して取り付けました。



ピンボケになりましたが棚板を作ってこんな感じです。
下段はあとで引き出しを作って入れる予定です。



今回はランバー材のみで仕上げたので無垢材のような感じで仕上がったような?
なかなかこの色も木目が引き立っているようないい火事ではないでしょうか。



カメラの設定が悪かったようですね^^;色合いが悪くなりました・・・
この後整理整頓していきます。

これだけの物を作るだけなのにかなり時間がかかりますね〜
まだまだ沢山作らないといけないので、もっと効率よく作業しないと・・・^^;
author:hideki, category:木工作業, 22:59
comments(0), -, pookmark
仕事用本棚製作 木口テープ貼り
木口テープが届きましたので早速貼り付けしました。
 
R0011857.JPG
R0011858.JPG

貼り付けは比較的簡単なんですが面取りが手作業なので細かい粉じんがでて結構手間が
かかります。^^;


R0011860.JPG

でも、丁寧に仕上げると綺麗にまるで一枚板から作ったかのような??
感じにできます^^;
板剥ぎ合わせから作るとかなりの時間と手間がかかるのですが・・・
(時間もコストもかかるので・・・)
ランバーコアのいいところは手間を省けるというところでしょうか^^;
今は時間を木工にだけかけれるような暇がないのでこのような感じの簡単な作りの
箱物をたくさん作って早く収納を作らないと片付きませんね。

R0011859.JPG

今回は組み立ててから色を塗ってみたかったのでこの後ステインで着色していきます。
author:hideki, category:木工作業, 07:39
comments(2), -, pookmark
仕事用本棚製作 加工 組み立て作業
 続けて仕事用デスクサイド本棚の製作に入りました。^^
今回使用しているこのランバーコアはかれこれ買ってから3年ぐらいが経って
いるかもしれません。^^;
カット品バーゲンのときにまとめ買いしていたやつです。
早く使わないと・・・^^;

R0011825.JPG

今回もビスケットジョイントで行きます。
下段に小物入れの引き出しを付けてみることにしました。

R0011826.JPG

棚ダボ穴加工、前回の書類棚のときに棚ダボが入りにくかったので^^;今回は
本棚なのでスリーブを使用してみることにしました。

R0011827.JPG
R0011834.JPG

仮組して間違っていないか確認しながら接着の工程を確認します。

R0011835.JPG

水引きしてサンディングしました。

R0011836.JPG

まずは中段から組み立てしていきます。

R0011838.JPG

直角を見ながら当木してのクランプ作業はとても大変な作業です^^;
助手が欲しいところですね・・・
今後もっといい方法を考えなくては・・・^^;

R0011839.JPG

次々順番に接着していきます。
見えなくなるところは強度も考えてビス止めも併用しています。

R0011840.JPG

側面はビスケットの数が多いので、いつもあわてて失敗するので片側ずつ慎重に
接着作業です。

R0011842.JPG

もう片側の側面を接着します。

R0011843.JPG

接着時に少し目違いが出た部分を鉋で修正

R0011844.JPG

そこ面にビスケットの穴があるのが解るでしょうか?
今回の失敗です^^;裏表を間違って加工してしまいました。
底麺は覗かなければ見えないのでそのままにします。

R0011845.JPG

今回は木口テープをはって仕上げます。
接着面を綺麗に拭き拭きして・・・

R0011850.JPG
R0011848.JPG

シナロールテープを貼り付けて行きます。
おっと、木口テープの在庫が無くなってしまいました^^;
注文しないと・・・

R0011851.JPG

木口テープが無くなったのでここで作業終了。
背板の材料も無いのに気づいたので購入してから作業を再開します。^^

author:hideki, category:木工作業, 13:03
comments(0), -, pookmark
仕事用の書類棚製作 棚板加工
まずは設置に向けて最初に加工しておいた棚板をサンディングしました。 

R0011823.JPG

土曜の夜に製作した書類棚を設置取り付けしました。
しかし・・・

R0011824.JPG

棚板が全然足りません^^;
追加で製作しましたが・・・・




設置後少しずつ整理していますが・・・
まだまだ棚板が足りません^^;

今まではホームセンターで買ってきたクリアケースなどの引き出しタイプなど
足りなくなる都度追加購入していましたので、いろいろな形の物を使用していた
ので置き場所が決まらず整理整頓や書類の出し入れが面倒でしたので今回こんな
感じの書類棚を製作してみました。

使い勝手としては仕事の内容や種類別など正面の棚にすぐに収納もでき取りだす
ことも確認することも可能になるので便利ではないかと思っています・・・埃はつもり
そうですが^^:

この後このサイドにも本棚を製作します。
その次は背面側にも机を製作して筆記作業がしやすいような環境を作りたいと
考え中です。
いる出来るかは解りません^^;
ここも製作に入るまで1年以上かかっています(笑)
author:hideki, category:木工作業, 12:30
comments(2), -, pookmark
仕事用の書類棚製作 組み立て棚板製作作業
やっと組み立てに入っていきます。
しかし、いろいろと手間がかかりますね〜^^;
毎日時間を見つけてはコツコツと製作しています。
 
R0011781.JPG

中板を接着します。
少し塗装ムラになっているのは中板は見えなくなるので手抜き塗装のためです^^;

R0011796.JPG

側面を接着しました。

R0011798.JPG

釘とビスを使用して背板を取り付けました。
9ミリの合板を使用、これに穴をあけて壁に固定します。
両サイドはみえないように段欠きにしています。
上下は見えないので欠き込みませんでした。

R0011803.JPG

表の面小口を軽く面取りして着色しました。

R0011809.JPG

棚板を加工します。
まずはサンプルで1枚作ってみました。
書類が取り出しやすいように中ほどを欠き込みました。

R0011810.JPG

こんな感じで棚ダボに乗せます。

R0011811.JPG

試しにA4サイズのクリアファイルを置いてみました。

R0011812.JPG

裏側から見るとこんな感じで取り出しやすくしてみました。

R0011813.JPG

書類棚左側にカタログを乗せるための棚板を作りまました。
ランバーの12ミリ板使用
今回の製作で今までたまっていた端材をだいぶ使用できました。^^

R0011817.JPG

書類の重さによって棚板を変えれるように厚みの違う物を製作しました。
あまっていた端材も利用できて良い感じです。
これは一部です。
まだ沢山使用することになると思いますが枚数が多いのでその都度製作することに
します^^;

R0011818.JPG

試しに何枚か乗せてみました。
こんな感じで小分けに書類を置けるようにしたかったんです。
左側はカタログなどを立てておきます。
右側3列はA4の書類を平置きにして仕分けれるように取り出しやすいように使う予定です。

R0011814.JPG

ワックス仕上げにして時間を見つけて取り付けに入りたいと思います。
たかが棚ですが・・・なんかかなり時間がかかっているような?^^;
しかし、手間暇かかりますね〜(苦笑)

ダブテールなどの細工はまだまだ当分出来そうにありませんね(笑)
実用に迫られていますのでこれからも単純な箱物製作をどんどんしなくては・・・
頑張らねば!
author:hideki, category:木工作業, 08:36
comments(0), -, pookmark
仕事用の書類棚製作 ダボ加工 塗装
毎日時間を見つけての少しずつの作業です。

棚板はスリットを入れて差し込みにしようかとも思いましたが数がかなりあり大変そう
なので ダボの在庫も沢山あるし高さも可動できるしダボ式の棚にすることにしました。

R0011758.JPG

ダボ穴開けも数が数だけに結構大変^^;

R0011759.JPG

特に見えるような面はあまりないのですが塗装むらを避けるために水引きして丁寧に
サンディングをしました。

R0011761.JPG

色合いが解らないのでサンプル塗装して、今回はブラウンマホガニーで行くことにしました。
内側はほとんど見えなくなるのですが・・・全体的に塗ってみました。

R0011762.JPG

塗り始め少し濃い感じと伸びにくかったので少し水を加えました。
この辺の調整が可能なのも水性のいいところかな?
まんべんなく塗ってから・・・

R0011763.JPG

好みの濃さに応じて放置時間を調整してふき取りました。

R0011778.JPG

組み立ててからだと結構塗装が大変になるので先に全体の塗装をしました。
毎日少しずつの作業です^^;
乾いたら組み立てに入っていきます。
author:hideki, category:木工作業, 12:43
comments(2), -, pookmark
仕事用の書類棚製作
昨年から咳やストレスによる体調不良だったりと、木工を自粛していました。
年末から仕事も忙しいくなったり、休みは子供たちを遊びに連れていったりと
木工ができる時間がありませんでしが、やはり私が収納を作らないと物は増える一方で
片付かないようですね〜^^; 

もっと早く作る予定でしたがやはり整理整頓ができないと仕事の効率も悪いので・・・
時間を見つけてすこしずつ作っていくことにしました。



製作法などは特に変わることもなく、比較的簡単な手法でいつものように作っていきます。
ランバーコア小口に板を貼り付けて行きます。
今回は接着クランプのときにずれにくいようにビスケットをいれてみました。

 

作業台に置いて接着クランプです。



小口は少し厚めに貼り付けていますのである程度までカットして調整してから鉋で整えていきます。
鉋でも削れますがあまり厚いと大変だしルーターだと欠けたり削れ過ぎたりと安定しないのでテーブルそーでカット、いい感じです。



1ミリ以下ぐらいまでカットしたら鉋で整えていきます。
その前にハイス鉋の刃を研ぎ直しましたがやはりハイスは研ぐのが大変ですね^^;
研ぎ終えた鉋は抜群にけれるのですが・・・研ぎ直しをするまでがなかなかできないでいます・・・

はみ出したボンドも一緒に削っていきますので荒削には替え刃式の「越翁」を使いました。
(仕上げ削りでも全く問題がないぐらいに綺麗に仕上がりますし、刃の形状上、まくらが出にくいのもいいところですね。)

替え刃式は刃こぼれしてもショックが少ないので^^;
とても使い勝手もいいし、仕上がりも悪くはありません!
切れなくなればすぐに刃を交換すればいいわけですから作業を中断することもなく面倒な時はとても便利でストレス無くつかえるのが私的にはとても良いと思っているところですね!



一番いいところの貼り合わせの部分です。^^;
うまく鉋も使いこなせるとこのように綺麗な接着面になるのですが・・・・
隙間も開いた所もあったので、まだまだですね。
手を抜いたところはそれなりの結果になります^^; 当たり前か・・・



幅を均一にカットして表面も鉋で整えました。
綺麗に仕上がり気持ちがいい瞬間ですね〜!



長さを調整。



今回はいつものようにビスケットジョイントで組み立てていきます。
作るたびに段々と要領が解ってきますね。
まだまだ考えている時間は長いですが^^;



ビスケットの位置などに間違いがないか仮組して確認をしながら作業していきます。
後は棚ダボ用の穴開けをして組み立てに入っていきます。
何色にしようかな〜?・・・
author:hideki, category:木工作業, 08:53
comments(5), -, pookmark
竹馬
最近いろいろありまして、作品らしいものが作れないでいました。
息子が何かで見たのでしょう?急に竹馬作ってと言ってきました。
嫁さんが子供たちを連れて実家に行ったので私は残って木工をしました。





竹ではないのですが2x4のSPF材を半分にカットして木製で製作してみました。
ステップのところはどんな組み方がいいのか悩みましたがあまり凝るとめんどうなので^^;
強度テストも兼ねてドミノで簡単に作ってみます。
それもドミノ一個です。
まぁ、子供の15キロぐらいなので問題はないかな?・・・



タイトボンド オリジナル ウッドグルーを使用してクランプ。
このような急ぎの製作などにはとても便利なボンドではないでしょうか。
10分ぐらいクランプを外し次の工程へと進みました。



ステップ部分はバンドソーでカット後ディスクサンダー整えて加工しました。
なかなか便利でした。



今回の大変だったところはグリップ部分を細く加工するところでした。
小さい子供用なのでグリップ部分を細くする必要があったので何気なく
握りの部分だけ細くすればいいとおもい簡単に考え加工したのですが・・・
段差になるとアール面加工が難しかったり綺麗なアール加工が出来なかったり、欠けたりと、作業段取りの難しさが解りました。^^;
竹で作ったほうが簡単だったかも?
author:hideki, category:木工作業, 07:49
comments(2), -, pookmark
葉タバコ用 選別 梱包ジグ製作
皆さんにはよく解らないと思いますが・・・
私も作業内容は聞いただけなので良く解っていませんが^^;
葉っぱを大きさ別に梱包するときのジグを作ってほしいと依頼されましたのでこんな感じがつかいやすいかな〜と想像しながら作ってみました。




1x4から製作しました。
各部端材も使用です。

品質はどうでもいいのですが、作っていくうちにどうしても手間がかかってしまいます^^;
頼まれてから日数がたちすぎてもう仕事が終わってしまったころだと思いますが・・・来年でも使ってもらいましょう。




仮組です。

こんな感じで可動式フェンスや高さ調整機能などを付けてあげました。
使う人それぞれ好みの位置にセットできるようにという配慮です。
頼まれた機能ではないのですがこのほうが機能的で使いやすいと思ったから取り入れてみました。



裏側にTスロットの溝を掘り可動式にしてみました。



高さも2か所で調整が可能なように工夫してみました。



ここの高さ調整の部分(脚)がいいアイデアが出ませんでした^^;
も少し安定性が欲しかったのですが・・・
収納性にも優れていないといけないので今回はこんな感じで・・・



このようにして使います。

その手の仕事をしている方でないと解らないですよね〜^^;


12/2日

使用例の画像が届きました。



こんな感じで使われます。
author:hideki, category:木工作業, 13:56
comments(2), -, pookmark
ルーターテーブル 有孔ボード収納の製作
ルーターテーブル製作の続きです。
まだまだ収納が足りないので普段よく使う工具を取り出しやすいように引き出しの前板部分に有孔ボード収納フックを取り付けてみることにしました。




穴開け工程はカメラを忘れたので写真がありません^^;

製作は市販の有孔ボードパネルを型にして5.5ミリ合板の端材に穴をあけ作りました。
こうすることにより、有孔ボードを有効に使用したというわけです。(笑)
コストもかなり抑えられますし、穴を拡大しながら下地板にも穴があくというわけです。^^v

穴は手前にあるステップドリルを使い穴をあけながら大きくしました。
この方法は以前から考えていましたがやっと試してみることが出来ました。
今回初めてやってみましが比較的バリが出にくいので穴を大きくしたいときはお勧めかもしれません。
海外製のフックを使えるようにこの方法で今後も何点か作ってみる予定です。



無塗装だと味気ないので
GF水性ステイン カントリーパイン色で着色。
水性だから乾燥を待たずにすぐ次の作業に取り掛かりました。^^;



引き出しの前板部分に位置決めして固定していきます。



固定しやすいように下穴をあけます。



有孔ボードを浮かすためのスペーサーを置いて・・・



ビス止めします。



こんな感じになりました。



フックを取り付けます。



取りあえずよく使いそうな道具をセットしてみました。
引き出し収納も考えましたがよく使うので、このほうが引き出す手間がかからず、収納しやすいと思いやってみました。

有孔ボードなので使い勝手に合わせて変更がしやすいと思い今回この方法を取り入れてみました。

特に作業時には邪魔にならない程度の範囲だと思います。

最近ルーターテーブルは使用頻度が高くなってきましたので、これでまた少し使いやすくなったのではないでしょうか?

でもまだ収納が足りません^^;
サイド面にも有孔ボード収納を作ってみようと思います。
author:hideki, category:木工作業, 22:52
comments(6), -, pookmark