RSS | ATOM | SEARCH
エアコンの洗浄
夏に向けてエアコンを洗浄しようと少し前に購入しておいたものです。

昨年は体調がおかしかったので疑っていたのがエアコンでした。
嫁さんも私も咳が出ていました。
もしかしてと?・・・かびのせいかな?・・・と思ったりもしていました。^^;

R0011856.JPG

R0011855.JPG

購入したものは専用のエアコン洗浄用のカバーと洗浄剤です。
我が家は何台かエアコンが何台かあるのとメインのエアコンはシーズン中はほとんど
可動しっぱなしになるので汚れもそれなりに付くので毎年洗浄できるようにと思い
購入しました。

数年前に家電量販店でキャンペーンみたいなのをやっていて安かったのでどんなものかと
プロに頼んでみました。
やはり安いだけあって下請けの個人でやっているような掃除屋さんが来ました。
どんなやり方かを見たくてお願いしてみたのですが・・・
結果しっかりとした清掃はできませんでした^^;
まぁこんなレベルか?と思いながらも安いから仕方ないかな〜と・・・・

だいたいの要領は解ったので今度は自分でやってみようと考えていました。

R0011883.JPG

早くやろうとは思っていましたが、これがまたやるまでが大変なんですよね〜^^;
まずはカバーを外し、壁に液だれしないようにシートで養生してエアコン上部には
手作りアングルで洗浄カバーの支えを取り付けました。
初めてなので水漏れやショート、故障など不安もありましたが・・・^^;

汚い画像になりますよ〜すみません。
R0011884.JPG

エアコンのファンの部分から結露水が周りに飛び散ってかびたと思われる汚れが
びっしり付いています^^;
普段エアコンの内部は特に覗いたりはしないので解らないのが現状ではないで
しょうか。
メンテしない方だとフィルターすら掃除することを知らなかったりしますからね〜。

R0011886.JPG

私はタバコは吸わないのでヤニ汚れは無いのですが古い家で24H換気システムとか
付いていませんのでエアコンを見るともの凄い埃です。
普段これだけの埃が舞っている中で生活して吸っていることにきずかされます。

コアの部分にもカビが^^;
こんな汚れの中を通過した空気を吸っていたのかと思うと^^;
咳も出てもふしぎではないですよね〜(苦笑)
体調も悪くなるのも納得です。(年齢とストレスもありますが^^;)

なので毎年洗浄して、できるだけ気持ちよく快適に使用できるようにできるようにと
今回洗浄カバーを買い自分でやるように様にしてみました。
洗浄コストを(費用)抑えてさらに毎年やれば快適に使用できるでしょう・・・!^^;

R0011887.JPG

エアコン本体にカバーを取り付けます。
少し高いような気がしましたがやはり専用カバーを買って良かったです。

R0011889.JPG

洗浄機などはありませんし、専用の物などは高いのであり合わせの物を使用して
作業していきます。
洗浄剤を吹き付けるのに使用したのはこちら薬などを散布する噴霧器です。
これも何年か前に購入していたものですが動きました^^;

R0011890.JPG

洗浄剤を何回かに分けて噴霧して、そのあとすすぎ洗浄をしましたが何度やっても
長年こびりついている汚れは取れません^^;
今回使用した洗浄剤はコアにやさしいものを選んだので少し汚れに対してはやや
弱いような感じもありました。

R0011888.JPG

そこでこんなのがあったのを思い出して、使用してみることにこれはもう十数年ぐらい
前にコンプレッサーを買ったときにエアーガンなどのセットに入っていて一度も使用
していなかったのものです。
今回役に立ちました!
エアーの勢いで水を噴射するものです。
以前整備の仕事をしていたときにこれに似たようなものでエンジンなどのオーバー
ホール時の部品洗浄に使用していたことがありました。
高圧洗浄機のような感じでエアーを使用して作業ができる道具ですね。

今回こいつのおかげでかなり助けられました!

R0011891.JPGR0011893.JPG

写真では少し解りにくいのですがエアー洗浄機のおかけがでエアコンファンに
こびりついていた汚れが吹き飛ばされてこのように汚れが沢山^^;
コアよりはファンのほうに汚れがびっしりと付いています。
表側からでは解りにくいです。
表面のコアをき綺麗に洗浄してだまされてはいけません。

風を送っているファンに汚れがたくさんついています。
これはエアコンを分解して取り外してブラシング清掃をするか、できなければ
やはり高圧洗浄機などの道具が必要になってくると思われます。

プロの方などは専用の高圧洗浄機を持っているんでしょうね〜。
作業がしやすそうな感じがします。

R0011892.JPG

これは途中経過ですがこんな感じで表側からの汚れでこれぐらいですね。
この後もう少し汚れが出ましたが^^;
後は室外機のほうにドレンホースを通して外に大半の汚れが出ます。

これを見て考えると・・・・・^^;
健康上良くありませんね!
みなさんエアコンは毎年清掃したほうがいいですよ〜!

R0011894.JPG

最後に取りきれなかった汚れを端材にウエスを巻きつけてごしごしして綺麗に
しました。

体勢が悪く、なれない作業と専用洗浄機を使用できなかったので苦戦を強いられかなり
疲れました^^;

しかし、エアコンを使うたび快適にエアコンを使えることに感動すら感じます(涙)
この大変さを誰かに解ってほしいものです(笑)

機械にはメンテが付き物です。
つくづく感じました。

便利になればなるほど設備が増えるほどそのメンテナンス、コストがかかることを理解
したうえで購入して使用していかなければならないのですね。

そして大事なのはその機械の特性や機能もしっかりと理解したうえでその性能は活かして
使用することによって発揮でき便利に使用できるものなのかも知れません。

ただ便利なだけで使用していては人にとっても機械にとっても良い使用環境とは
言えないのかも知れません。^^;

author:田中英樹, category:住宅設備機器や電化製品, 06:22
comments(0), -, pookmark
Comment