RSS | ATOM | SEARCH
越翁超仕上替刃式鉋 【金印】 寸八
購入していた替え刃式の鉋をご紹介します。
自分では替え刃式としては最高峰ではないかと?勝手に思ってますが^^;


これは、砥石をまだ買う前に安全策として買っておいたものです。
和鉋を使いこなすにはそれなりに技術が必要と判断して、まんがいち研ぎが
あまくても、替え刃式なら間違いないというのと研ぎの手間が省けるし
限られた時間の作業中に中断して刃のメンテをする必要も無いのと
仕上げと言う事もあり、絶対的に切れてくれるものが欲しかったから
調べていたらこれに出会いました。
価格は手ごろなものもありましたが、この刃の部分のピカピカなのに
一目ぼれ!悩んだあげく、ポチットな!^^;
【金印】と言うネーミングもよく、これに決定(笑)





寸7も同じ値段だったので寸8を購入しました。
結構大きいです。
持った感じもずっしりとして、しっとりと言った感じです?





替え刃は両刃になっていて、このタイプは【金印】いい響きですね〜!





裏金に調整機能が付いていて溝の部分で木質、用途に応じて0.3~0.9mm
の調整機能が付いています。




超仕上用というだけあって刃口がとても狭いです。




早速、初削り!材料はSPFこれしかないのでね〜^^;
数回やると平面性が優れているのでしょう!見事な鉋屑。
今まで買った道具の中でもこれだけ使い初めに気持ちがいい体験は
ないというぐらいの衝撃!
本物はもっとすごいのか?でも、研ぎが決らなければこの感じは出せない
のでしょうね。
これはこれでいい鉋だと思います。




前に持っていた替え刃式との比較



こいつもなかなか切れるのですが鉋屑は安定しません。
刃口が広いのと、刃の固定があまいのでしょう?その時によって
鉋屑の厚みが力加減で変わってしまいます。
これだと堅い木には適さないと言うかビビッてしまうんでしょうね・・・
SPF相手だと問題は特にないですけどね。




マクロで撮ったのですが解りにくいですね。
この切削面をお伝えできないのが残念です。
私が持っている洋カンナでは時としてこのような木口を削ると
逆目になったりしてぼろぼろになったりしていたのですが・・・
修正に替え刃式ですが和鉋でやると綺麗になるんですよね〜?
刃の研ぎの問題なのか?刃の角度の問題なのか?なぞだらけです^^;






広い面には洋カンナのほうが大きいのでいいだろうと思っていましたが
超仕上鉋【金印】で試してみましたが目から鱗とはまさにこのこと?
すん、ばらし〜です!ピッカピッカ、和鉋がいいといわれる方の言って
いることが解った瞬間でもありましたね。

本物はどんなだろう・・・?
でも、刃を上手く研げないと無理ですよね?
と言う事で広葉樹を買うまでは、買えるまでは^^;ちょっとお預けと
言う事で・・・洋カンナでガンガン荒削り、仕上を替え刃式でお手軽に
と言った感じで使ってみようと思います。




昨日もちょっと廃材を利用して木作りしていましたが、ふと思って
ナイフマークを取り除くのに【金印】を使いましたが、気持ちイー!
てっ感じです。
鉋屑がシュパットと空中に舞い上がる感じで出ます。
そして、タイミングが良ければ削った木の面に戻るようにフワッと
着地します。
どんな感じか、伝わったでしょうか?^^
木の種類、木目にもよって違いはあるでしょうけど、私の初めに使った
第一印象でした。
これでまた、鉋がけ木工が、物作りが楽しくなると言うものですね!^^


ここのサイトでの紹介がわかり易く、決め手となりました。
http://www.marukoo.com/sub3/sub1982.html
購入は色々欲しい物がついでにあったのでこちら↓
http://www.dogudoraku.com/catalog/product_info.php/products_id/1346/cPath/210_210115

この鉋の特徴の紹介を読んでみてください。
これにやられました!(笑)
author:田中英樹, category:道具, 09:22
comments(26), -, pookmark
Comment
田中さん・・ドーモ!
なんていうバットタイミングですか・・・
偶然、昨日、河怡の替え刃式を注文。そろそろ届く頃です・・・(泣
まあ、値段が違うので納得してますが・・・
私も同じような理由で安心して鉋を使いたいと思い購入しました。
グリズリーでは荒削りには使用できても仕上げは怖いので・・

Lion, 2009/03/11 2:55 PM
Lionさん どーも〜こんばんは^^

あら、タイミング悪かったかな〜^^;少し前に買ってあったんですが・・・失礼しました。

ブログの画像が一杯で更新が出来にくい状況だったもので・・・
まぁ、鉋は何台もあって用途分けして使用したほうが効率がいいのでそれはそれでいいと思いますよ。
私も、なので今回は替え刃式にこだわったんです。
これはいつでも刃を交換することで切れが復活しますからとても便利ですしね。
荒削り用にも何台か替え刃式でも買おうかとも迷いましたが洋カンナもありますから、どうしても足りないようだったら買い増ししようかと思ってます。

今の所使用の機会が少ないので広葉樹あたりが買えるようになったら、本物でも買ってみようかと思ってます。
機械用のモービルベースを今作っているのですが、廃材を再利用して作っていて、機械が乗るやつなので見た目はどうでもいいのですが、ハナ落が気になって表面の仕上げを試しに超仕上鉋で仕上げてしまいました。
いつもならサンディングなんですがね。^^;

いや〜、見事ですよ逆目はもちろんのこと節もなんのその和鉋て持ちにくいので疲れそうですが、軽くシュルシュルト削れるのでとても快適で気もちよく平面もばっちり決まり、勿体無いぐらいの仕上がりになりました。^^
後でまた紹介しますね〜。
田中, 2009/03/11 6:49 PM
田中さん、金印と普通のとの差がわかりますか?あちこち当たって見ましたが良くわかりません。解ってたら教えて下さい。道具道楽でも1万近く違いますよね。替刃の差でこの金額差はおかしいですよね。

Lionさん、河怡は仕上げにはちょっと・・・です。中しこで使うなら悪くないですが、鉋枕が出ますので。肌合いも本刃には少し及ばないです。
OYA-G, 2009/03/12 11:17 AM
田中さんお借りしますm(__)m
OYA-Gさん・・仕上げには向かないですか・・
昨日、使ってみて切れには満足したのですがやはり枕が出ました・・
本刃は研ぎの技術が無いので無理デス!
Lion, 2009/03/12 11:35 AM
OYA-Gさん こんにちは

先入観と言うか、ちょっと誤解と言うか?・・・
和鉋を初めに見ていれば洋カンナには走らなかったかもしれないと言うぐらいの衝撃でした。
洋カンナは初心者にも簡単とかのうたい文句にまんまとやられたような感じがしてなりません^^;良いところはあるとおもうのですが研ぎは必要ですし・・・
これなら、日本製の安めの替え刃式でも研がずに使い捨てで使用したほうが便利?とも思えてきます。^^;

近くで本物が見れたり体感できたりしていればちがったのかな〜とも思ったりしますが、使ってみたからそう思うのかもしれません・・・

まぁ、色々遠回りして、失敗して初めてわかることも沢山あるから、今があると思っていますしこのおかげで研ぎにも感心がもてましたので、今後は和鉋にも目を向けて行こうと思ってます。

さて、価格の件ですが私が購入前に色々調べてみた時には【金印】の方は刃の材質が違うようなことをどこで見たかは忘れましたが謳ってました。
そしてそれは企業秘密だったように書いてあったと思います。

本体の価格が違うのはデザインもあるのではないでしょうか?越翁超仕上替刃式鉋の方は12000円ぐらいですのでそれでもよかったのですが刃の台と裏金がピカピカしているのに引かれ、高かったけど^^;見た目優先と切れを取り高い方を買いました。

超仕上というぐらいですから、仕上げを綺麗に出来た方がいいと思ったからです。
砥石を買う前だったので研ぎの技術が悪くても失敗は無いと判断しました。
もちろん、その他の特徴も全て決め手です!

越翁は互換性があるとも書いてありますので安いほうを買って刃だけを【金印】と言うものありではないでしょうか?この辺は調べていないので断定は出来ませんが・・・

差別化をはかり、これがよければ安いタイプの小さいのでも揃えようかとも思ったりしていますが、安物の替え刃式もありますので、当分はこれで十分ですのでこれをまずは使ってみます。

田中, 2009/03/12 12:57 PM
Lion さん どーも〜!

私もホームセンターで買った「けずっ太郎替刃式鉋」も平面をかけると枕が出たと思います。
最近は平面にかけた事がないので定かではないですが・・・刃の形状からいくと、出やすいとかビビルとかの現象が出そうな感じはありますね。

製造コストを考えれば手間がかかれば高くなりますので安いタイプはそれなりに簡易的に作られていると思います。
でも、これはこれで使い方があるのでいいとおもいます。

私は安い方は荒削りとか、まな板用とか刃を分けてつかってます。
コストが安いので勿体無くて気兼ねなく使えるのでとても便利です。
でも刃はそれなりで永切れしないような印象ですね。

Lionさんの工房を見る限りでは私より木工歴が長いように思いますが・・・どのような道具をもたれているのかが不明ですが^^;

研ぎは私も同じで自信がなかったので「越翁超仕上替刃式鉋 【金印】寸八」を仕上げ用に買いました。
が、やはり洋カンナも研ぎは必要でそれも替え刃式ではないのでどうしても研がないとダメでした。
包丁なども研ぎたかったのと、今後を考えればどうしても研ぎは避けられないと判断して調べていたら丁度シャプトンで新シリーズの硝子砥石を出していたので特徴を見ると意外と初心者向きかなと思って衝動的に買ってしまいました。^^;

洋カンナはジグがあるので砥石もよく、研ぎは意外と簡単に出来、切れ味もいいほうだと思います。

和鉋もジグを洋カンナに使えるかな?とおもって買ってあるのがありますので多分研ぎに関しては買っても問題ないと思いますが、今はそんなに鉋を使わないので、洋カンナと替え刃式で対応してもう少し様子を見たいと思っています。

まだ使ったばかりですが・・・昨日も作業で少し使いましたが枕もでませんし、節にも強いみたいで仕上がりもピカピカになり、工房用にはちょっと勿体無いかな^^;と言う仕上がりになりとても気に入ってます。

Lionさんもどうです?一つ、「越翁超仕上替刃式鉋」安いほうだと13000円ぐらいですし、研ぎの心配はないですし刃だけ【金印】(今確認中)でも可能かと思います。
砥石を揃えるにしてもかなりの金額になりますし、いい研ぎをするには、いい修正器か技術が必要でトータルで行けばとんでもない金額に^^;なります。
中途半端な研ぎは中途半端な仕上がりにしかなりません・・・

どちらにしろ、高いですが刃の耐久性を考えても、性能もいいので経済的ではないでしょうか?

鉋は用途に合わせて何台か合った方が便利だと思いますので、使って日は浅いですがお勧めですよ!^^
田中, 2009/03/12 4:39 PM
メーカーに問い合わせてみました。「金印」=台の長さが9寸5分、鉋身・裏刃に特殊メッキがしてあり、錆び・摩耗に強い。「普通」=台長9寸、メッキ無し、とのことです。

これだと私なら本体は普通の物を買っておいて、替え刃だけ「金印」にするでしょうね。(多分します、近いうちに)・・・・あ〜ほ〜
OYA-G, 2009/03/12 6:14 PM
OYA-Gさん こんばんは!

私もメーカーに問い合わせました〜!^^;

かなり価格の面では悩みましたよ!でも高いけど性能とかではなく見た目も重要、使うときの楽しみとでもいいましょうか?趣味の世界と言うか・・・^^;

見た瞬間や使うときの楽しさが違うような気がしてメッキ使用にしました。
まぁ、車とかバイクとかそんな感覚ですね。

普通のやつも切れも悪くはないでしょうけど、刃は規格寸法が同じと言う事で合うみたいですね。

え〜! OYA-Gさん買うんですか!?
沢山鉋持ってますよね。
よければ使い勝手をお聞かせ下さい。
参考にしたいと思います。
田中, 2009/03/12 6:23 PM
ほ、欲しい!
「どのような道具をもたれているのかが不明」
そうですね・・歴は数えてびっくり11年位です・・(汗
鉋は中学の技術のヤツ。年代ものです。多分、昔のヤツなんでつくりは最近のHC製より良いと思います。自分で油台にしたり裏だしもしたりして使ってましたが刃口もかなり広くなって使いにくくなりました。
習った頃は研ぎをかなりやってました。研ぎを始めると木工が出来なくなります。時間もなくなるし・・・
刃物は切れると気持ち良いですが木工に時間を割きたくて・・・
グリズリーのグラインダーですばやく研いでいけるかなっと思ったのですが・・・
替え刃式は初めて使ってみて驚きました。これ程切れるとは思いませんでした。かなり気合を入れて研いでる時期でもこの切れはなかなか出せて無かったと思います。
また、研いでみたくなりました。
越翁超仕上替刃式鉋も使ってみたい!

またまた悩みが増えそうです(泣
Lion, 2009/03/12 9:13 PM
Lionさん どーも〜!

やっぱり〜、工房の雰囲気からいってながそうかな〜って思ってました。
趣味の木工、限られた時間、少しでも綺麗に仕上げたい、効率よさそうな道具が必要じゃないでしょうか?

本職でも時間を優先すれば今時は替え刃式、手のこでも大工さんによっては現場ごとに新しい刃にすると聞いたことがあります。

今の時代は時間が高いんですよね〜^^;
そこで研ぎに時間のかからない、替え刃式を有効に使うのは色々といい面はあると思いますよ。

本職で毎日使用している方なら研いでメンテをした方が絶対的に低コストだとおもいますし、作品の種類によっては鉋を多く使う方も同じだと思います。

高価な砥石を買えば切れるとは限りませんし^^;そこには道具を使いこなす技術と経験が必要ですし、トータル的な面からいって失敗の少なく効率がいい超仕上替刃式鉋もありではないでしょうか?

私は多分この製品の意図はプロ向けだと思っています。
それだけに時間の有効性、仕上がり、効率を優先した時に真価が発揮されるのではないかな〜と思っています。

それを素人が使ってもプロ並みの仕上がりが出来るような気がしませんか?^^
私も購入にはかなり悩みましたが買ってよかったと思ってますし、多分洋カンナを手放してもこれは使い続けそうな印象を与えてくれます。
それぐらい使用初期のインパクトが強かったです。
大げさかもしれませんが上を知らないので今の現状ではこれは最高ですね。

けしてメーカーの回し者ではないですよ(笑)
田中, 2009/03/12 11:25 PM
Lionさん どーも〜!

グリズリーのグラインダーですが手軽に研磨は可能ですが常設していないと気軽には行かないのと、絶対的な仕上げ研ぎにはちょっとかけるかもしれません。

なので、どっちみち仕上げ研ぎようの砥石が必要でしょうね。
そうなってくると砥石を一通り揃えるか?それとも替え刃式鉋で手軽に初期費用を抑えるか?といったところでしょうか?
時間的にも手間も価格的にもどちらが、ご自分の木工の使い勝手に合っているか?を考えていけば決断が出来そうですが・・・私の考えは、そこそこいいものを買って置けば自分のスタイルにもし合わなくてもいい値段で売却が可能と思っています。

道具は使って何ぼと尊敬する方に言われた事があります。
使わない道具はさっさと売って使っていただける方に使ってもらい、売ったお金でまた新しい道具を買うと言うのが私流。^^;

最終的には研ぎは避けては通れないようにも思います。
鉋やノミといった木工の道具にはメンテが必要です。
最近知ったのですがのみにも替え刃式があるんですね。
手軽に行くならこれでもいいかもね。

時間が取れるようになってからでもいいような感じもしますし、別に替え刃式の鉋があっても不便ではないとおもいますし・・・悩みが増えると思いますがこの瞬間が私は楽しいですよ^^参考程度にしてくださいね〜。
田中, 2009/03/13 12:27 AM
買うでしょうね、多分。今仕上げ用に使っているのは直ぐ使いに仕立てて貰った(購入元で)長台鉋の刃を、別の普通の台に入れて使っています。こっちの台は自分で仕立てたので70点でしょうかねえ。買おうと思った動機は、写真の削り屑の状態です。まっすぐの、綺麗な屑が出ていますよね。長台の方はこうなりますが、自分で仕立てた方は少しカールします。多分木っ端返しの部分に問題有りと思ってるんですが、良くわかりません。下手につついて台が台無し(えへへ)になるのは癪なので迷っているんです。市販品というか、基本的に大量販売前提の鉋の台の仕込みを見ればきっと参考になると思って。 購入元のオヤジに聞けば良いようなものの、自分である程度まで追い込んでから最後のポイントだけ聞くというのが好きなんですよ。
仕上げ鉋の場合は刃の切れがちょっとでも落ちると、てきめんに影響が出ますので、途中で研ぐ場合が多いんです。貴重な時間を研ぎに費やすのはくやしいので、この替刃式が使えれば助かるという目論見もあります。替刃の値段が高いと思いましたが、両面使いなのでむしろ安いということに気づきました。どれくらい持つかが問題でしょうが。

今使っているのはこの長台鉋兼仕上用寸八鉋、同じ種類の刃で中仕上げ用に使っている寸六台鉋、カワヨシの換刃式寸四、小ガンナ42mmの計4台です。他に中学の教科で買わされた寸六と何で買ったか解らないHCの「プロ用」寸八の2台が道具箱の重しになっています。研ぎや台直しの練習台に使っていましたが、今やその役目も果たせなくなっています。
OYA-G, 2009/03/13 10:27 AM
OYA-Gさん おはようございます。

なるほど、使い込まれて苦労している方の説は説得力がありますね。
刃の研ぎだけにも奥が深いと思っていましたが台にも問台が(へへへ、)あるようでかなり奥深いと見えますね。

これでは素人がうかつに手を出そうものなら、「やっちまったなー!」てことになりかねませんね。
ここは確実性の高い、こいつである意味今は正解だったかもです。

何丁ももてれば違うのでしょうが、作業を中断されるのはその気がなくなるというか、リズムが悪くなってしまいそうです。
限られた時間という点では作品を早く仕上げたいと言う面でも使い勝手はいいでしょうね。

綺麗な屑が出ていますが、これもよく解らないと言うか奥が深いというか、鉋によって屑の出方が違います。
どのような原理なのか、いまいちぴんと来ないですね。?

刃の方はグリンテックK2もありますし、砥石も平面性がいいので問題は無いと思っていますが、台の調整は熟練を要するような感じを受けました。
これで、うかつには手は出しません。
貴重な体験談有難うございます。
じっくりと経験を積んで考えてた上で購入を検討したいと思います。

角面取鉋とかそり鉋などは欲しいな〜とは最近思っていますが・・・どうも洋カンナでやっても逆目が出るんですよね^^;使い方悪いのかな・・・

それと、この越翁超仕上替刃式鉋は互換性があり、精密な寸法に均一に仕立ててあるみたいで台などが磨耗しても部品交換が可能なようで調整の出来ない素人にはとっても嬉しいことではないでしょうか?
調整用のジグなども結構高いですよね?

と言う事は時間的に余裕がない、調整に自身がない、経験が少ない、でも仕上げを綺麗にしたい、コストをかけたくない、と思っている人たちにすればとてもいい鉋ではないでしょうか?

もし買われたなら、使用感や違いなどを教えていただければ皆さんにも、とても参考になると思いますので宜しくお願いします。
田中, 2009/03/13 11:41 AM
了解。買ったらレポートします。そんなに経験がある訳じゃあありません。恥ずかしいじゃないですか。ちゃんと基本を押さえないと駄目って事がおぼろげに解りかけてきたところです。
台直しは必須です。その点は替え刃式も本身の鉋も一緒です。台直しはそれこそ基本を押さえていればそんなに難しくはありません。刃の研ぎの方がはるかに難しいです。その辺のところは、いまのところ「曼陀羅屋」主人の所が一番信頼が置けると思いますので、隅から隅まで、何度でも覗きに行くことをお勧めします。
OYAG, 2009/03/13 12:52 PM
OYAGさん こんにちは

趣味で始めている方はほとんどが素人からだと思いますから、少なくとも皆さん失敗もすれば寄り道も沢山して苦労されているとおもいます。
私もその一人で、自分で体験してみないと納得できない部分もあり、余分にお金と時間がかかってしょうがありません。^^;

でも、その苦労の分、次につながりますのでいいってことで、体験レポート宜しくお願いします。^^

台直しはそんなに問台じゃないんですね〜。

田中, 2009/03/13 1:01 PM
田中様
色々の鉋で失敗の連続中に田中様のこちらを読んで、早速注文しちゃいました。
と言うのも、木工が目的ではなく機械を設計する段階で試作品の作りに鉄材より木材を利用しています。
その為に、木材を平面と均一な厚みに加工する必要があり、今までは高精度の水準器を使って計測しながら
削りました。
田中さん仰る通り、鉋の世界も奥深さで蟻地獄の親戚ですね!
勿論、本番ではステンレスですが機能テストの目的では木材で十分です。
上の記述通り、鉋が最高の状態では屑が舞い上がるのを偶に見ましたが状態が悪いとパーマ掛けた髪の毛みたいにゼンマイ状になりますね(苦労)
そして、【金印】70mmを注文しました。
未だ不安がよぎるのですが、田中さんの例を参考に成功を確信しております。
非常に解りやすい解説ありがとう御座いました。
吉澤鉋男, 2014/04/19 7:11 PM
吉澤鉋男さん  こんばんは〜

コメント有難うございます!
コメントが来たのは1年と5カ月ぶりですね!^^;
久しぶりです〜。

参考になれば幸いです。
趣味木工では時間が取れないこともあり、替え刃式のいいやつを探した時の記事ですね。
刃を研ぐ本物?も何台かこの後購入しましたが時間が取れないと研ぐひまもなく・・・
この替え刃式に頼りきりになります^^;

なかなか使えるやつです。
少しコストはかかりますが面倒がなくてとっても便利でいい仕事をしてくれます。
慣れないと70ミリは結構扱いには握力を使いしんどいかもしれませんが?

切れ味は保証しますよ!

替え刃式でこれ以上の鉋があれば知りたいですし買いたいですね^^

よかったら使用感教えてくださいね〜。

いい結果になりますように祈っております。
南無南無・・・

田中

田中, 2014/04/19 8:53 PM
ーーー田中様ーーー
鉋が着ました。
早速刃を調整して削って見ました。
これはこれは大満足!!
薄い屑が鉋の上をテープのように流れて行きます。
私は手が普通の人より小さい方で、70mmは大きすぎます。
そして、ドアノブを注文しました。
そのドアノブを右手の握る部分の真ん中に取り付ける事にしました。
そうすれば引く時はしっかり持って引くと、洋鉋の
効果を和鉋に加味した感じになるのでは・・・・と
思います。
しかし、大満足で田中さんに感謝感謝です
吉澤鉋男, 2014/04/23 7:54 PM
吉澤鉋男さん こんばんは〜

ご連絡有難うござます。

満足していただけたようで一安心です^^;
私としても紹介してよかったと思う瞬間ですね〜!

まぁ、木工がメインではないかもしれませんが
これに研ぎをマスターしていくと替え刃も研ぐことが
可能になり、替え刃も数回は研ぎ直して使えるようには
なります。

これはあくまで時間があればなのですが・・・
あくまで時間をコストで補うのであれば替え刃式で
いつでもストレスなくきれいに仕上げられるのもまた
魅力かもしれません。

研ぎをマスターするにもかなりの出費と労力が共まいますので^^;

研ぎ鉋もまたうまく研ぎあげたときの切れ味はまた最高ですよ!
蟻地獄を体験しませんか?(笑)
田中, 2014/04/23 9:27 PM
田中様

こんにちは!
2009年11月07日掲載の写真のような研ぎガイドーは、どこで購入できますか?
教えて下さい。
替刃も上手く研げば使えると思いました。
捨てるのはモッタイナイ!!
宜しくお願い致します。
吉澤鉋男, 2014/04/26 4:56 PM
吉澤鉋男さん 

こんばんは!
研ぎにチャレンジですか?!
切れ味よく研ぐには砥石選びもかなりおくがふかいですよ〜!
蟻地獄へようこそ^^;

写真のジグは海外製品ですね〜。

いつ買ったか?・・・
記憶が・・・

確か違うものも代用で使えたような・・・
ちょっと探してみますね〜

ちなみに専用の研ぎ器は売っているはずです。
高いけど^^;
田中, 2014/04/26 9:08 PM
吉澤鉋男さん こんばんは〜

やっと探しました。^^;

http://marichakoo.jugem.jp/?day=20091118

http://www.off.co.jp/index.php?id=4&c=98&b1=7&s=11000464

こちら参考にしてください。
田中, 2014/04/26 9:33 PM
田中様
こんばんは!
早速結論から申し上げますと、実に素晴しい鉋様ですね!
替刃の方は、金印と普通のを両方使って見ました。
金印はHRS65と言う強靭なものですが先端の角度が30度未満の鋭角の場合、角材10CmX10Cm
を4個くらい削ると寿命が来ました。
刃先を実体顕微鏡(120倍)で見ると、ほぼ鋸のように刃の先端が掛けていました。
これに比べて、無印の方はHRS59程度の硬度で、上と同じ量を削って実体顕微鏡でみると刃の先端が欠けてない事も解りました。
経験は浅いですが、金印は本当に最後の超仕上げで使うと艶まで出て最高でした。
無印は刃持ちがかなり良く、他の追従を許さない感じがしました。
そして、そして、削る削るのが楽しくなりました。
色々教えて頂いてありがとう御座いました。
以上、ご報告まで・・・・・・!!
吉澤鉋男, 2014/05/21 7:25 PM
吉澤鉋男さん こんにちは

使用報告有難うございます!
無印は材質が違うんですね!ひとつ勉強になりました。
私はネーミングで購入したようなものなので^^;

最近ではまったくと言っていいほど時間が取れないので無印もあると便利かもしれませんね。

こちらもコメントいただいたおかげで種類の違いが分かりさらによい鉋と認識ができました。
有難うございます。

こうなってくると使い捨ても便利ですが専用の替え刃研ぎ器を買っても損はないようですね!

研ぎ直しも難しいとは思いますが?頑張ってみてください。

私もせっかく砥石持っているのでチャレンジしてみたいと思います。

参考になるご意見ありがとうございました!!

田中
田中, 2014/05/23 9:04 AM
田中様
コメントありがとう御座います。
書くのを忘れましたが、専用研ぎ器は本当に遣うものになりません!
砥石に当たる部分が少ない為に、刃先が安定しないので刃先の角度が正確になりませんでした。
そして、工場で自作したもので研ぐのに成功しました。
刃1枚に約4回くらい研ぐと裏刃が被るのでこれが
限界ですね!
まぁー4回でも両方だから8回は使えるので大変得しますね!
また、いろいろ勉強したいと思います。
吉澤鉋男, 2014/05/23 5:32 PM
吉澤鉋男さん

こんばんは
専用研ぎ器は使いもになりませんか?
買わないでよかったです^^;

専用ジグを作ったということですが、とても気になりますね〜!
どんなかんじですかね〜?

アドレス入力してコメントいただければメールでやり取りも出知るのですが・・・^^;

量産して販売できませんか?(笑)

研ぎ直しが可能であればかなりの使い勝手の良い鉋になりますね!

研いで使うなら和鉋のほうがいいんじゃないかという方もおられますが、作業中断でいちいち研ぎ直してる時間がない方には向いていると思います。

時間がないときは刃の交換ができるのですからね!

そして何より替え刃式とは思えない切れ味でしょうね!

貴重な情報有難うございます。



田中, 2014/05/23 11:06 PM