RSS | ATOM | SEARCH
住宅設備の手直し、ボイラーとハイテクポット配管
今日は木工ではなく住宅の設備の手直しをしました。



こちら2階用の直圧式ボイラーの減圧弁です。
最近お湯が出るたびにビービーと音なりがしてうるさくなってきて
そろそろ限界のようだったので手直しをしました。
付けた当初は水圧が強すぎたために減圧弁を付けたのですがそれが
裏目に出てしまったようです。^^;(せっかくかねかけたのにー^^;)

多分これが原因だとおもい外す事にしました。




減圧弁を取り外し、フレーキ配管で繋ぎ直します。
作業は木工よりも簡単で、長さに合わせてフレーキのツバ出し機を
使い作ります。
ゴムパッキンを使用していたようで劣化で真っ黒く溶け出しています。^^;

お湯側なので今回はノンアスベストのパッキンを使って締め付けます。






ツバ出し機で山を三つつぶしてフレーキが完成。



減圧弁を外した所にフレーキを繋いで終了。
やはり、音なりの原因は減圧弁でした。
ボイラー関連は本職ではありません。^^;
こちらは見よう見まねで取り付けたボイラーです。^^
道具があるので特に難しくは無いですね。




続いて、2階のキッチン給湯側ハイテクポットに繋いでいる減圧弁
からも水漏れしていました。^^;
こちらはかなり前からもれていたようです。
原因はハイテクポットの沸き上がりによる圧力の上昇で減圧弁の
ピンホールからもれていたものとおもわれます。(涙)
こちらも取り除いてフレーキで繋ぎ直します。




長さを計りフレーキを作って取り付けて完了。
木工よりとっても簡単^^;

一眼レフの話が出たので午後から海にカメラを持って行ってきました。
最近木工ばかりで子供達を遊びに連れて行ってやっていません。
せめて写真だけでも少しでも多く記念に残してやりたいと思っています。^^;

author:田中英樹, category:住宅設備機器や電化製品, 21:17
comments(2), -, pookmark
Comment
ツバ出し機って、はじめて見ました。
配管のほどんどがフレキで配管してあるので便利そうです。耐震性もありますね。
でも、使うチャンスは少ないでしょうね(^^ゞ
monaco, 2008/09/16 12:57 PM
monacoさん こんにちは^^

一般の方はほとんど使わないとおもいますが・・・私もめったに使わないです。^^;
既製品もありますので用途に合った長さの物を買って使用するのが基本的でしょうね。

私の場合、現場に合わせてぴったりの寸法に作れるようにと、コスト削減で巻き物を買ってカットして作っています。
これがあるのでだいたいの設備品は融通がきき多少は逃げも利きますのでこれで配管出来るので自分でほとんどはやれます。
ちなみに自宅ボイラーも交換してます。^^
配管位置が違ってもくねくねとまげて取り付け出来ます。
便利で故障などの時の分解などもモンキーがあれば取り外し可能なので特に特殊な道具も要りません。
(ツバ出し機はかなり特殊ですが^^;)
必要な時は言ってください。
作ってあげますよ。(有料ですが^^;)
よく使われている場所はユニットバスのカウンター内部配管や洗面台、キッチン水栓の接続配管などに使われていることが多いです。
Re:田中英樹, 2008/09/16 4:25 PM